地域ブログ論

【地域ブログ】時間も余力もない。でもなんとか個人運営でも成果を出すためのスモール戦略

更新日:

地域ブログ記事の書き方




こんにちは。浜松の地域ブロガーのむらきち(@murakichi_y)です。

前回書いた「【初心者向け】地域ブログの記事の書き方と一連の流れをダーっと解説します」の記事が多くの方に読んでいただけたので、せっかくなら戦略的な部分もちょろっと話してみようかな・・・と思い、この記事を書いています。

 

この記事で解説する戦略は、

  • たった一人でも
  • ブログ初心者からでも
  • 時間がないサラリーマンの副業や主婦でも
  • トレンドを追いかけられる余力がなくても

そんな厳しい環境でもなんとか成果を出したいという人向けのものです。

 

むらきち
自分自身がそのような状態でやっているのでそれを踏まえて書いています。

ですが、地域ブログの中で見たら「とってもスケールの小さいもの」になります。その点だけご注意ください。

たったひとりの最終決戦〜地域ブログに挑んだサラリーマン戦士〜


こちらは、地域ブログを始めて半年ぐらい経った頃のツイートです。 当時の目標は「2年掛けてなるべく堅い収益20万円を作ること」でした。

昨今の「1年で月7桁!」とか、壮大なスケールの実績に比べたら、とても小さい目標になります。

ですが、4直3交代勤務で昼間も深夜も働きつつ、残業もあって、体感の年間休日が90日くらいの状態では、

むらきち
1年で月7桁とかまず無理!

と判断して、スケールの小さい目標を立てました。

それを踏まえた個人の副業レベルの「地域ブログ戦略」だと思って、この先を読み進めてくださいね。

個人運営の地域ブログで大事なのは「属性を揃える」こと

むらきち
まず最初に!

ブログでよく言われる「記事にペルソナを設定しろ」。これは僕はほとんどやっていません。

大まかに記事の「属性」を揃えることだけを考えています。

このお店を訪れるのは「観光客」か「地元民」か、利用するのは「ファミリー層」か「食べ歩き好き」かとか。それぐらいです。

ブログ初心者にありがちなことなのですが、記事ごとに細かくペルソナを設定すると、記事が色々な方向を向いてしまい、サイトの統一感を作るのが難しくなります。

都内在住のバリバリのサラリーマン。子供が一人。出張で1泊2日で浜松に。テレビでみて気になっていた浜松餃子が食べたくてしょうがない。ビールが大好き。

名古屋在住。独身で経済的に余裕がある。仕事が休みの日は食べ歩きにはまっている。コスパグルメより美食。電車で移動するのが好き。

みたいな細かいペルソナを設定した記事をたくさん書いたとしたら・・・まとめるのがとても難しくなりますね。

そもそも1記事単位で取り切っても、CVするものもなければニッチすぎてPVも稼ぎにくいのが地域ブログ。細かいペルソナを設定したとしてもその分、仕上げるのに工数が増えて難しくなり、あまり初心者向きとは言えません。(※ 時と場合にはよります)


「大まかに属性を揃えた記事を書くことで、ブログ初心者でも記事のバラつきを抑えてサイト全体に統一感ができていきます。

また、地域ブログの特性として、例えば「主婦が主婦目線で記事を書けば、自然と主婦に響く」ということもあります。

ライターさんを複数人抱えて運営すれば、そういった目線を揃えるコントロールが大変になりますが、個人運営者が同じ目線で大まかに属性だけ揃えて運営すれば、すなわち「ペルソナと属性が揃った記事群」が増えていく・・・ということになります。

むらきち
細かく難しく考えずに、ぼんやり大まかに属性だけ揃えた方が、サイト全体に統一感が出るということ!

ポイント

  • 記事には属性がある
  • 大まかに属性を揃えることを意識して記事を書く

ブログ初心者、時間がないサラリーマンや主婦だからこそ「属性のコントロール」が大事

ブログ初心者はサイト設計をするのが難しいですよね。

時間がないサラリーマンや主婦が、バラバラな記事を書いていたら、サイトを仕上げるのに時間が掛かってしまいます。

時間がないからこそ無駄うちを減らし、設計ができないからこそ、あえて記事を細かく考えて難しくしない。それが今回の記事で紹介している「属性を揃えた記事を量産する」という個人ブログ戦略になります。

ここで一つ。地域トレンド記事を積極的に書かない理由を。


地域トレンド記事を書けば、瞬発的なPVが稼げますし、他にも色々とメリットがあります。しかし、同時に「地域トレンドを求める属性」のユーザーも集めることになります。

そこに対応する時間や余力があればとっても有効な手ですが、自分のキャパでは、地域トレンドを求めるユーザーニーズに答えられないため、あえて「トレンドを求めるユーザーを集めない」という選択をしました。

むらきち
これが属性のコントロール!

自分のキャパにあった「属性のユーザー」をコントロールして集めることによって、最大限の期待に答えるコンテンツを作ることに注力していく。身の丈運営をするには、それが大事かなと思っています。

むらきち
ちなみに、自分はトレンドを極力書かないこと以外にも、つい最近まで地域ブログの公式ツイッターやインスタ、YouTubeもなどもほとんど運用していませんでした^^;

ポイント

  • 属性を外れる記事は書かない
  • 自分が対応できるユーザー層を集めて期待に応えられるコンテンツ作りをする

属性に属性を掛け合わせれば「時にトレンドをしのぐ」

こちらは直近1ヶ月のPV数のグラフ。トレンド記事をほとんど仕込んでいませんが、GWに大きく跳ねているのがわかると思います。


連休にユーザーがとる行動属性に関わる記事を掛け合わせるようにして、コンテンツを作った結果になります。

むらきち
トレンド記事を書かないながらもトレンドの恩恵を狙う・・・

属性に属性を掛け合わせれば、そんなことも出来るかな・・・ということが、チラッと体感できました。


属性のコントロールの施策に関する具体的な話はここではしません。

もし、興味があれば、ぜひ試行錯誤してチャレンジしてみてください。

とってもスケールが小さいですし時間は掛かりますし、難しいですが、自分のように「時間も余力もない」方には割と有効な戦略ではあると思います。

ポイント

  • 関連する属性と属性を掛け合わせてコンテンツを作ることによって相乗効果を狙う

最後に

地域No.1のメディアを作って広告営業して「純広告」とって!みたいなスケールの大きい地域ブログとは、はっきりいって真逆の戦略です。

ちなみに、ここで紹介した形の地域ブログなんかよりも、そういった地域ブログの方がはるかに伸びシロが大きいです。

むらきち
むしろやりたいです。僕もそんな地域ブログ(笑)

でも、現実には時間も余力もなくて出来ないので、苦肉の策ではありますがこんな感じで運営しています。少しでも参考になれば!

それでは、むらきち(@murakichi_y)でした。

▽こちらの記事もおすすめ

【初心者向け】地域ブログの記事の書き方と一連の流れをダーっと解説します



-地域ブログ論

Copyright© MURAKIDS , 2019 All Rights Reserved.