浜松餃子

知久屋(ちくや)の浜松餃子をお取り寄せ!実際に焼いてみた口コミ&感想

知久屋の浜松餃子




知久屋(ちくや)は、浜松市を中心に約50店舗を展開する老舗食品会社。素材にこだわった美味しいお惣菜やお弁当で浜松市民から愛され続けています。

今回は、その知久屋の販売する絶品の浜松餃子をお取り寄せして、実際に焼いてレビューしてみました。

ちくやの浜松餃子とは

知久屋の浜松餃子

ちくやの浜松餃子を販売する知久屋さんは、1957年から続く惣菜を主に扱った食品会社です。

そんな惣菜・食品販売に長けた知久屋さんのちくやの浜松餃子は

  • 化学調味料
  • 合成着色料
  • 合成保存料

これらを一切使用していない素材の味を最大限に活かしたつくりとなっているのが特徴です。

浜松の味を楽しみたいのであれば、このちくやの浜松餃子が一番の適任というわけです。

ちくやの浜松餃子の中身と値段

1袋20個入りです。中でバラけることなくしっかりとした姿を保ったまま届きました。

原材料には、昆布エキスなんかも入っているんですね〜。餃子に昆布エキスは初めて見たので驚きました。

知久屋の浜松餃子の原材料

勿論タレも付属です。ちくやさんはタレにも合成着色料や化学調味料は使っていないんです!さすが。

知久屋の浜松餃子のタレ

また、餃子と一緒にちくやさんからのあいさつとお手紙も同封されていました。丁寧に手描きのお葉書まで。ちょっとした心遣いに思わずほっこりした次第です。

知久屋の浜松餃子の手紙

ちくやの浜松餃子を実際に焼いてみた!

同封されていた「美味しい餃子の焼き方」を参考にしながら焼いてみました。この焼き方、ほんとに美味しく餃子が焼けます♪

知久屋の浜松餃子の焼き方

⑴まずはフライパンを熱してゴマ油を投入します。

知久屋の浜松餃子の焼き方

⑵次に凍ったままの餃子を綺麗に並べます。

知久屋の浜松餃子の焼き方

⑶水を180㏄程度入れます。

知久屋の浜松餃子の焼き方

⑷フタをして強火で蒸し焼きにします。

知久屋の浜松餃子の焼き方

⑸ジュワーという音からピチピチという音に変わったらフタを取ります。中火にして水分が飛んで底がキツネ色になったら出来上がり♪

知久屋の浜松餃子の焼き方

⑹完成!綺麗に焦げ目がついていて、リビング中にニンニクと豚肉のいい~香りが漂います!

付属のタレはラー油と一味が別で同封されています。餃子を焼いているときにお湯につけて温めておきましょう。

知久屋の浜松餃子

冷凍餃子の上手な焼き方は下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

浜松餃子の焼き方
冷凍餃子の美味しい焼き方のコツ!プロ直伝の誰でも上手にカリッと焼く方法

せっかく冷凍餃子を購入したら、焦がさずに美味しく焼き上げたいですよね。 この記事では、100件以上の浜松餃子を食べ歩き、店主さんから直々に焼き方を伝授してもらった、お持ち帰りした冷凍餃子を失敗しないで ...

続きを見る

ちくやの浜松餃子を実食レビュー!感想、口コミ

さてアツアツのうちに実食していきましょう。餃子中身は身がぎっしりとつまっています!

知久屋の浜松餃子の餡

シャキシャキとしたキャベツの食感。豚肉もしっかりとした歯ごたえで一口でもボリューム満点です!

意外にもニンニクの匂いはそこまで強くなく、しょうがのサッパリとした後味とゴマ油の奥深さが相まって噛めば噛むほど食材の味と馴染む。

タレも絶品で、辛さはあまりなく酸味が効いていてご飯が進む進む!これはうまい!

まとめ:ちくやの浜松餃子は、一口でじっくりと食を楽しめるボリューム満点の餃子だった!

食材の良さを最大限に活かしたちくやの浜松餃子は、身のしっかりと詰まった餃子でした。食感・風味・後味まで楽しめる仕上がりで大満足。ご飯のお供にぴったりです!お取り寄せもできるので、ぜひGETして味わってみてくださいね♪

こちらの記事もおすすめ▼

浜松餃子まとめ
【浜松餃子】地元民が厳選したおすすめ店ランキングTOP20!有名店から郊外の人気店までまとめて紹介

「せっかく浜松を訪れたら、おいしい浜松餃子を食べて帰りたい!」 浜松餃子で有名な浜松に来たら方なら、誰もが思うはず! おいしい浜松餃子を探すなら、選択肢はこの2つではないでしょうか。 ポイント 浜松駅 ...

続きを見る

浜松餃子通販まとめ
【送料無料】地元っ子がおすすめ!浜松餃子通販・お取り寄せランキング!+αおまけ

「浜松餃子をお取り寄せしてみたい!でもハズレを引いてしまわないか不安...」数千円するものなので、外したくない気持ち、よく分かります。 楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトで浜 ...

続きを見る



  • この記事を書いた人
むらきち

むらきち

ココハマ編集長。浜松出身。'84年生まれ。浜松餃子で育った生粋のギョウザメン。キャンプとBBQに憧れてるけど、火のつけ方がわからなくて困ってます。

-浜松餃子

© 2020 COCOHAMA