『奥さん怖い?』鬼嫁と同居する僕が、隠していたことを公表したい

ABOUTこの記事をかいた人

MURAKICHI

30代子育てブロガー。静岡県浜松市在住。子供と過ごす時間を増やす新しいライフスタイルの提案を日々発信します。

SPONSORED LINK







 

「ブログ?バカなこと言ってないで、さっさと仕事して稼いでこい」

 

忘れもしない。これはブログを始めると告げた時、僕が奥さんから言われた言葉だ。

「機嫌が悪いのかな・・・?生理中なのかな・・・?」

 

違う。

こんなセリフは日常茶飯事だ。

いや、言葉で済むならいい方だ。

 

なぜなら

「僕の奥さんは、俗に言う鬼嫁だからだ。」

 

この記事を読んでいる方の中にも、鬼嫁で悩まされている方はいることだろう。

 

『お前、くせーんだよ』

『さっさと風呂入ってこい』

 

こんな言葉を投げかけられている方はいないだろうか。

僕も同じだ。

 

今から、ずっと公表できなかった鬼嫁のことを話そうと思う。

 

『えっ、こんな酷いの?だったらウチの嫁の方がマシだわ・・・』

『私も旦那に同じことしてた・・・。もうやめよう・・・。』

 

そんな風に感じてくれたら幸いだ。

 

奥さんが怖い、家に帰っても休むことはできない

身体にファブリーズを吹きかけられる

僕の仕事は、工場作業だ。

毎日、銅を加工しているため、仕事を終えると身体には10円玉のような匂いが染み付いている。

家に帰ると、鬼嫁に必ずこう言われる。

 

『臭っせーな』

 

むらきち
・・・。(ショボン)

 

酷く切ない。

毎日、汗だくになり、作業着は汚れ、クタクタになって帰ってきた旦那に対して、第一声がいつもこれだ。

 

僕は、おもむろに作業着を脱ぐ。

すると、すぐさま鬼嫁がファブリーズを手に取る。

 

プシュッ

 

むらきち
あっ・・・!ちょ・・・!

 

一回や二回じゃない。

 

プシュッ

プシュッ

プシュッ

プシュッ

 

むらきち
・・・。

 

服はビチョビチョだ。

奥さんは、満足げにソファーに戻る。

こんなことは、日常茶飯事だ。

 

吹きかけられた時に、いい香りがするファブリーズはこちらだ。参考にして欲しい。

 

 

顔にもファブリーズを吹きかけられる

『なんか、この部屋臭い・・・』

鬼嫁から、このセリフが出たら要注意だ。

 

『お前か。』

 

むらきち
えっ・・・

 

鬼嫁が、僕に目を向ける。

 

『加齢臭、くせーんだよ』

 

むらきち
・・・(ヤバい!)

 

すると、すかさずファブリーズに手が伸びる。

 

プシュッ

 

酷く染みる。

むらきち
・・・(これはなんだ?心の痛みか?)

 

いや、違う。

 

ファブリーズだ。

 

ファブリーズを顔に吹きかけられたのだ。

ファブリーズは人に吹きかけるものではない。

 

しかし、そんなのは鬼嫁には関係ない。

 

そういう時のために用意しておきたいのがこれだ。必ず用意しておいて欲しい。

 

ヨガマットが僕の指定席

家に帰ったら、ソファーでくつろぎながらテレビ鑑賞。

うちでは、そんなことは出来ない。不可能だ。

ソファーに座ろうものなら、すぐに鬼嫁からツッコミが入る。

 

『どけや、デブ。邪魔なんだよ』

 

むらきち
・・・。(ふざけんなゴルァ!!しばいたろかゴルァ!!)

 

・・・そんなことは、口が裂けても言えない。

僕は、そっとヨガマットを床に敷く。

 

床の上のヨガマットが僕の指定席だ。

 

想像以上に床で生活するのは辛い。

ヨガマットがあって本当に良かったと思う。

 

あなたも、もしもの時のために、ヨガマットは用意しておいた方がいい。きっと役に立つ日が来る。

 

まとめ:鬼嫁に負けずに楽しく生きよう

いかがだっただろうか。

今回挙げたのは、氷山の一角に過ぎない。

 

本当に辛い経験はまだまだある。

大事なのは、他に自分なりの楽しみを見出すことだ。

 

僕は、ブログに光を見出した。

今、鬼嫁に悩まされ、辛い経験をしている、あなたも探してみて欲しい。きっと何か見つかるはずだ。

 

ここまで読んでくれてありがとう。この記事を読んでくれたあなたに、幸せが舞い降りることを強く願っている。

▼鬼嫁シリーズの続きもみてみる

【鬼嫁】怖い奥さんはこうして生まれる!僕が犯した人生最大の失敗

2017.09.17

 

ひっそりとお願い

このブログを見て「・・・頑張れよ。何か出来ることないか?」と思って頂けた時のために・・・・

Amazon欲しいものリスト」を公開しています。

欲しいものリストの中身は、子供のおもちゃ、ブログに役立つ書籍、食料品が中心ですが、プレゼントして頂けるととても喜びます!

SPONSORED LINK







3 件のコメント

  • コメントを残す