ブログ初心者の僕が1ヶ月目で8,587PVのスタートダッシュを決めるために守った2つの鉄則

ABOUTこの記事をかいた人

MURAKICHI

30代子育てブロガー。静岡県浜松市在住。子供と過ごす時間を増やす新しいライフスタイルの提案を日々発信します。

SPONSORED LINK







 

こんにちは!MURAKIDS(むらきっず)運営者のMURAKICHI(@murakichi_y)です!

やぎぺーさんのインサロ1期生となって3週間、ブログ歴1カ月の僕がサラリーマンをしながら月間8,587PVのスタートダッシュを決めることが出来ました!(まだまだ伸びてます!!)!

 

めちゃくちゃ嬉しい!

色々やりましたが、その中でも最も重要視して意識したことはたったの2つです。

これを守って努力を続ければ間違いなく結果が出ます!

むらきち
特にブログ初心者で記事が中々書けないという方は知っておいて欲しい!

 

スタートダッシュを決めるために最も重要なのはこの2つ

  • どの視点から記事を書くかを必ず決める
  • 学んだ過程を書く

この2つ、めちゃくちゃ重要です!

では今から一つずつ解説していきます。

むらきち
この情報は正直お金貰いたいくらいっす!

 

どの視点から記事を書くかを決める

視点を決めれば見てくれる人が集まる

例えば、僕の場合はスポーツ事業で働き10年で5000人以上の子供を指導し、マネジメントまで経験した後、製造業に移り脱サラに挑戦している人の視点から記事を書いています。

この経歴は自分だけのもなので、この視点で記事を書くとスポーツの仕事マネジメントの仕事をしている人、脱サラを目指したい人が自分に集まってきます。

最近は脱サラやブログ関連の記事を多く書いているので、今、僕のブログを読んでくれる方には脱サラしたいと思っている方やブログに興味を持っている方が多いはずです。

むらきち
視点が決まっていないと共感しづらい記事になり、読者は集まりにくくなります。

 

視点を決めるだけじゃダメ、自分を知ってもらう

僕はまず自分の過去の経験や実積から書ける記事をいくつか書きました。

それを発信することで、自分の視点を読み手に伝えることが出来ます。

ただプロフィールを作りこんで終わりにしても意味が無いです。

プロフィールを読んでくれる人にしか伝わらないので共感は生まれません。

むらきち
自分を知ってもらう記事を書こう!

 

学んだ過程を書く

学んだ過程を書くと共感が強くなる

さて、視点が決まったら次に大事なことは学んだ過程を書くことです。

脱サラに挑戦している人がブログの知識を学んだ過程を書くとします。

読み手側が脱サラに興味がある人だと過程すると、自分に近い境遇の人が脱サラに挑戦し、学んで成長している過程を見ると、さらに共感が強くなり継続して読んでくれるようになります。

むらきち
人が成長してる過程は見ていて面白い!ブログを始めてすぐの人ほど共感されるから書くべき!

 

まとめ

  • どの視点から記事を書くかを必ず決める
  • 学んだ過程を書く

厳密にはかなり努力したので他にもやっているんですが、基本的にはこの2つの鉄則を守ったことにより僕のブログはスタートダッシュに成功しました!

今、記事を書くことに悩んでいる方や、アフィリエイトが難しいと思っている方は、とりあえずこの2つを守って書いていけば間違いはありません。

さらに詳しいことを知りたいという方は僕にご相談ください!

 

ブログ初心者のブログ運営に役立つコンテンツ

▼ブログ初心者向けコンテンツ

 

▼ブログ運営報告

 

▼むらきちへのブログ相談はこちら

SPONSORED LINK







2 件のコメント

  • コメントを残す