コーヒー

West Goat Coffeeウエストゴートコーヒー|カジュアルで飲みやすい、街中のほっこりカフェ

ウエストゴートコーヒーの店主




浜松駅北口からマクドナルドのある角を曲がり、モール街に抜ける途中にある、West Goat Coffeeウエストゴートコーヒー

こだわりのあるスペシャルティなコーヒー豆を扱いつつも、カジュアルで飲みやすい味わいのコーヒーが特徴的です。

明るい店主さんの気さくな接客もあり、誰にでもおすすめできる街中カフェです。

West Goat Coffee(ウエストゴートコーヒー)の外観・内観

こちらがWest Goat Coffeeウエストゴートコーヒーの外観です。

ウエストゴートコーヒーの外観

ウエストゴートコーヒーの外観

2018年5月1日にオープンし、今ではすっかり浜松駅エリアの人気カフェに。店内は15席ほどあり、駅周辺で働く方や、学校帰りの学生で賑わっています。

ウエストゴートコーヒーの内観

地元出身のイラストレーター「いきものだもの」さんとコラボしたイラストの展示会もよく行われています。

ウエストゴートコーヒーの内観

ウエストゴートコーヒーの内観

店名の由来は、"関西人出身のヤギ座の店主が美味しいコーヒーを作る"という意味で、West Goat Coffeeウエストゴートコーヒーと名付けたそうです。

West Goat Coffee(ウエストゴートコーヒー)のメニュー

メニューはエスプレッソやアメリカーノといったコーヒーを始め、ミルクやシロップを使ったラテ系メニューが並んでいます。

ウエストゴートコーヒーのメニュー

カジュアルなメニュー構成で、コーヒー通じゃなくても気軽に飲めるのが特徴的なお店です。ホットサンドやケーキ、マフィンなどの軽食メニューもあります。

ウエストゴートコーヒーのラテ

ウエストゴートコーヒーのホットサンド

コーヒー豆はその日に並んだいくつかの豆の中から選ぶことができます。人気No.1はGOAT BLENDゴートブレンド。富士宮にある自家焙煎珈琲豆シロネコで焙煎した豆を使用しています。まろやかな深入りに特徴があります。

ウエストゴートコーヒーのコーヒー豆

West Goat Coffee(ウエストゴートコーヒー)の店主さん

West Goat Coffeeウエストゴートコーヒーの店主さん。

ウエストゴートコーヒーの店主

関西出身で、ギターや音楽が趣味。明るい笑顔と、親しみのある接客が印象に残る店主さんです。

大学生時代にタリーズコーヒーでアルバイトをしたことでコーヒーと出会い、その後営業職や飲食店での勤務を経て、満を辞してやりたかったコーヒー店をオープンされたそうです。

ウエストゴートコーヒーの店主

コーヒー店を始めるにあたり、自宅に業務用のエスプレッソマシンまで購入したという、店主さん。自慢のラテアートも1日3杯、毎日練習して独学で身につけたとのこと。

ウエストゴートコーヒーのラテ

ウエストゴートコーヒーのラテ

豆の一番いいところが濃縮されていてコク深い、ラテとも相性が良いということで、抽出にはエスプレッソマシンを使用されています。

ウエストゴートコーヒーのエスプレッソ

雑味が少なく飲みやすいコーヒーを提供することで、コーヒー入門として、カジュアルにコーヒーを飲んでもらえたら。お客さんの"マイファーストコーヒー"になれたら、という想いで営業されているそうです。

ウエストゴートコーヒーの店主

誰でも気軽に入りやすいお店なので、街中に行かれた際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

West Goat Coffee(ウエストゴートコーヒー)の詳細

住所 静岡県浜松市中区千歳町104−2 1F
電話番号 -
営業時間 11:00〜20:00
定休日 無休
座席数 15席ほど
駐車場 なし
備考 禁煙
公式ホームページ West Goat Coffee

クーポン・口コミをチェック



  • この記事を書いた人
むらきち

むらきち

ココハマ編集長。浜松出身。'84年生まれ。浜松餃子で育った生粋のギョウザメン。キャンプとBBQに憧れて、最近アウトドアYouTubeチャンネル始めました。

-コーヒー
-

© 2020 COCOHAMA