30代、未経験から製造業(工場)に転職しても年収は上がる!【実体験】

ABOUTこの記事をかいた人

MURAKICHI

月間29万PVの浜松の地域ブログ「MURAKIDS」管理人。30代。静岡県浜松市在住。1児の父。浜松のグルメ、観光、ショッピング、イベント情報から生活を豊かにする節約術まで、子供と楽しく過ごすためのちょっとお得な情報を日々発信しています。




妻と一人の息子を持つMURAKICHIです。30代、未経験から製造業に転職し、2年が経ちました。

結論から言うと、転職したことで給料は前職から年収が100万円程上がりました。

転職前には妻とお金のことでよく口喧嘩をしていましたが、それもなくなりました。

仕事や将来の不安に悩み、今まさに製造業への転職を考えていませんか?

30代、未経験から工場で働くのって、きつくないだろうか?と悩んでいませんか。

僕もまさに同じでした。

前職では、全く違う職種のマネジメント側の立場で働いていましたが、仕事量やストレスの割に、昇給も少なく、将来の不安にいつも悩まされていました。

特に30代ともなると、周りの友人はすでに職場で自分の地位を確立しているので、未経験から全く違う業種に転職したいと思っていることを、なかなか相談しにくいと思います。

でも、大丈夫です。安心してください。

今回は、30代、未経験から大手製造業に転職した僕の体験談から、工場での苦労話や転職して良かったことまで、出来るだけ丁寧にまとめました。

あなたが、もし工場への転職を考えていたら参考になると思います。

僕が転職の際に利用した求人サイトはこちらの2つ。この記事でも僕が年収100万円上がった経緯を紹介していますが、すぐに仕事を探したいと言う方はこちらよりどうぞ。↓

▼案件数30,000件以上、製造業求人に特化した転職サイト(登録無料)

スポンサーリンク

30代で製造業・工場に転職する前の僕の職歴と年収

工場勤務、つらい

2年前の9月。

僕はそれまで働いていた、公共の体育施設のマネジメント職を捨てて、工場に転職しました。

前職は、役所に提出する膨大な資料を日々作成しながら、アルバイトスタッフのシフト管理、施設のマネジメント、大人から子供まで水泳指導を行い、かなりマルチに仕事をこなす毎日でした。

アルバイトスタッフの数が足りない時は、朝の8時から夜の21時半まで、通しで働くこともありました。

それだけ働いても、当時の年収は約350万円。

毎年の昇給は1,000円〜2,000円。

それも、昇給と言う名の手当てが増えるだけでした。もちろん、手当てなので、ボーナスには反映されません。

「こんな給料では、将来が不安だ。子供の将来のためにも、この環境を変えなければいけない。」

いつも、不安が頭から離れませんでした。

30代で転職したいなんて誰にも言えなかった

30歳を超えると、周りの友人たちは、みんなそれぞれの職場で責任のある立場についていて、転職を考えている自分が恥ずかしいと考えるようになりました。

友人たちの給与の額を聞くと、恥ずかしくてとても自分の給与の額なんて言えませんでした。

誰にも相談できないまま、妻にも転職したいことを言えずに、悶々とした日々を過ごしていました。

「転職したい…。でも、30代で転職して、将来の不安を取り除ける仕事なんて何があるんだろう?」

そんな悩みを抱えていた時に、見つけたのが「ジョブハウス工場」と「工場ワークス」という転職サイトでした。

▼関連記事

「ジョブハウス工場」の口コミ・評判!転職相談もできる製造業に強い特化サイト!

2018.06.23

「工場ワークス」の口コミ・評判!求人数No.1!製造業で働くならこの求人サイト!

2018.05.26

30代・未経験でも製造業なら転職してもなんとかなるかもしれないと思った

ふと転職を考えた時に、父の姿を思い出しました。

父は、地元の大手製造業で長年働いていました。

真面目に仕事をし、なに不自由することなく僕を育ててくれた父の姿を思い出し、自分も工場で働きたいという思いが、だんだんと強くなってきました。

「僕も、自分の子供のために、父がしてくれたように、安定した工場で働きたい」

「30代、未経験でも、工場だったら転職しても、安心かもしれない」

いても立ってもいられない思いが強くなり、妻には内緒で工場ワークスの求人に応募してみることにしました。

30代・未経験で製造業・工場に転職したら年収が上がった

僕は、30代未経験の状態から、工場ワークスの求人サイトから応募した製造業の会社に転職したことで、年収が約100万円上がりました。

僕の現在の勤務状況はこちらです。

  • 業種:製造業
  • 会社の規模:資本金数千億円のそこそこ大手製造業のグループ会社
  • 職種:工場内作業員
  • 年間休日:105日
  • 勤務シフト:4直3交替
  • 1日の勤務時間:7時間半
  • 月の残業時間:10〜20時間
  • 年収:約450万円

正直、年間休日は少ないと思います。

あとで紹介しますが、大変な部分も、もちろんあります。

ですが、長年抱えていたお金の不安や将来の不安からくるストレスはなくなりました。

僕が30代で製造業に転職する際に利用したのは【工場ワークス】

工場ワークスは、工場の求人に特化したサイトなのが大きな特徴です。

案件数も現在30,000件以上と多いので、求めている求人が探しやすく、未経験でも高収入が見込める求人がかなり多く出ていたのが大きなメリットでした。

僕は期間工などの有期雇用は考えていませんでしたが、求人を見ていると、高収入で寮付き、入社祝金数十万円などの条件が良いところが多い印象でした。

▼関連記事

「工場ワークス」の口コミ・評判!求人数No.1!製造業で働くならこの求人サイト!

2018.05.26

転職するにあたり、合計で6社、正社員の求人を中心に採用面接を受けました。

さすがに、誰でも名前を知っているような大手企業の求人に応募できるような条件はありませんでしたが、内訳は、そこそこ大きい企業のグループ会社を3社、中堅企業が3社でした。

同時に、ハローワークで求人票を見に行くこともしていましたが、工場ワークスの方が条件が良いところが多かったため、応募したの内の5社は工場ワークスからでした。

その中で第2希望だった、現在の会社に採用され、入社することができました。

工場で働きたいと、考えているなら、工場ワークスの求人をよく探してみてください。

多くは、期間工の求人ですが、中に正社員の求人が出ていることがあります。

機会を待ち、じっくり探す必要がありますが、運が良ければ、ハローワークで出ている求人よりも、良い求人が見つかるはずです。

僕は工場ワークスを利用し、未経験だから…30代だから…と諦めずに転職活動をしたことで劇的に人生が変わりました!

妻とお金のことで言い争いをしないでいい生活って素晴らしいものです。前と同じ時間働いているのにここまでお金が違うのかと実感しています。転職したい気持ちを行動に移して本当に良かったと思っています。

▼案件数30,000件以上、製造業求人に特化した転職サイト(登録無料)

併用して利用した求人サイトは【ジョブハウス工場】

僕は、絶対に転職で失敗したくない気持ちが強かったので転職サイトは2つ登録しました。

30代・未経験からの転職でいい求人を探すためには、転職サイトは2社以上の複数登録がおすすめです。

転職で失敗しないためには、新しい職場についてどれだけ事前に正確な情報を集められるかにかかっているからです。

  • その職場の給料は?昇給ペースは?
  • 有給休暇は使いやすい?
  • 残業はどのくらい?
  • 会社が潰れる心配はない?

同時登録しておけば、2社の転職サイトから転職したい職場の情報を得ることができます。

ジョブハウス工場と工場ワークスの違いは、LINEや電話での転職相談ができることです。

ジョブハウス工場はプロのキャリアアドバイザーに転職の相談ができるのでとても便利でした。

▼関連記事

「ジョブハウス工場」の口コミ・評判!転職相談もできる製造業に強い特化サイト!

2018.06.23

なかなか相談しにくい退職に関する相談や転職時の年収の相場などについても気軽に相談できるので、転職を絶対に成功させたい!という気持ちが強い方はジョブハウス工場にも同時登録をしておくべきです。

30代で製造業・工場に転職してみてキツイところは?

僕が30代から工場に転職してみて、きついと感じたことはこんなことです。

生死に関わる

この傷は、僕が入社1年目に機械に巻き込まれて怪我をしてしまったものです。

早く仕事を覚えて一人前にならないとという焦りから怪我をしましたが、機械は本当に怖いと思いました。

工場で働くなら、安全を最優先で考えてください。

怪我をして分かりましたが無理をする必要なんてありませんし、安全な行動をすることが一番評価されます。

一歩間違うと生死にも関わるので、安全第一で行動しましょう。

体調管理が大変

僕が働いている工場は、4直3交替なので、24時間のローテーションシフトです。

30代、未経験で初めて工場に入りましたが、特にローテーションシフト自体はそこまできついとは感じませんでした。

しかし、睡眠が十分に取れないまま仕事に行くと、体調に影響してくるので大変だと感じました。

日勤だけの工場であれば、問題ないと思いますが、夜勤があるような工場では、睡眠時間をしっかりと確保しないときついと思います。

通勤がきつい

工場で働くと、やはり身体は疲れるので、自宅が遠いと通勤が苦痛に感じると思います。

また、朝の通勤ラッシュも避けにくいので、早めに自宅を出る必要があります。

僕は、家から10km圏内の職場なので、そこまで通勤の苦痛はありませんが、工場で働くのであれば、自宅から近いところを選んだ方が良いと思います。

コミュニケーション能力が求められる

僕は、どちらかと言うと自分から話すのが苦手なタイプです。

工場は黙々と作業するようなイメージだったのですが、入ってみると意外とギャップがありました。

休憩場所での色々な年代の人との会話や、最終日の勤務終了後に同僚と行くラーメンなど、コミュニケーションの機会が多く、仕事の評価にも関わってくるものでした。

とはいえ、すぐに慣れるので、大変だったのは最初だけでした。

職場環境が良いとはいえない

工場勤務、つらい

会社によるとは思いますが、空調設備が悪いと、工場内の温度が一定に保たれないので、夏は暑く、冬は寒い場合もあります。

また、機械の音がうるさかったり、工場内が汚かったりする場合もあるので、面接時の職場案内の際には、しっかりと現場を確認しておくのが、転職を失敗しないポイントです。

僕は、実際に、「やばそうだな…」と思ったところは、採用を断りました。

▼関連記事

【実体験】週78時間勤務、ブラックすぎる工場で働いていた僕の体験談。

2018.05.28

出世は難しい

30代・未経験からの転職となると、やはり新卒や20代で入った同僚とは出世で差があると感じます。

ただ、正直、今のご時世に出世に見合った昇給が得られるか?というと、それもまた微妙なところです。

僕が見た限り、時代が成果主義になってきているとはいえ、査定する側の体制が整っているかは疑問で、まだまだ年功序列の名残があると思います。

出世する人を見ても、馬車馬のように長時間残って働いて、私生活を捨てているような印象を受けます。

副業解禁の流れもありますし、30代・未経験からの転職であれば、がむしゃらに出世を目指す必要はないのでは?と感じています。

30代で製造業に転職して良かったと思うことは?

逆に工場で働いて良かったと思うこともたくさんあります。

すぐに仕事を覚えられる

工場勤務、つらい

僕の場合は、基本的にそんなに難しい作業はなかったので、未経験でもすんなりと仕事を覚えることができました。

2年経った今では、作業をしながら、頭では全然違うことを考えられるくらい簡単に感じています。

僕の周りの友人も製造業が多いですが、仕事が難しくて辛いという話は全く聞かないので、基本的には、工場の作業を覚えることに不安は感じる必要はないでしょう。

食堂が便利

前職までは、食堂を経験したことがなく、工場に入って初めて食堂を利用しました。

「なんて便利なんだ…!」と、正直感動しました。

ご飯は自分の好きな量をよそえるし、会社から補助が出て安く食べられるし、色んな種類があって飽きないし、自分にとっては良いことだらけでした。

毎日働く工場ですから、食堂があるかないかも考慮した方が良いと思います。

待遇が良い

工場勤務、つらい

これは、前職で僕の給料が少なかったこともあると思いますが、日本は製造業が盛んなので、手当やボーナス、福利厚生などの面では、他の業種よりも遥かに整っていると思います。

僕が働いている工場では、年間休日は少ないですが、有休は取りやすいため助かっています。

大手企業に近いほど、製造業は比較的、有休は取りやすいと思います。

作業が単純

職場にもよると思いますが、製造業の仕事は、基本的に単純作業が多いです。

単調な作業が苦手な人には、デメリットに感じる部分もあるかもしれません。

ただ、気を使うストレスはありませんし、よほどきついライン作業でない限りは、マイペースに作業ができます。

黙々と作業をするのが好きなタイプの方は、向いていると言えます。

職場環境が良い場合もある

工場勤務、つらい

きつい理由でも挙げましたが、会社によっては、空調設備がバッチリで、騒音も汚れもない職場環境が良い工場もあります。

先ほども言いましたが、これは、必ず入社前に確認しておくべきポイントです。

長く働くのであれば、職場環境が良い会社を選びましょう。

まとめ:30代で工場に転職するなら、少しでも良い求人を見つけよう

僕が実際に30代で工場に転職した経験から、工場で働く大変さ、良さをお伝えさせて頂きました。

工場の仕事に面白さはあまりないかもしれません。

しかし、慣れれば楽だと思えることも多いですし、その他の職業よりも、給与や福利厚生などの面でもメリットがあります。

僕は勇気を出して転職したことで、妻との口喧嘩のなくなり、人生が大きくいい方向に変わりました。30代・未経験だからもう遅いなんていうことはありません!

転職を成功させるためには転職サイトの2社同時登録で正確な情報をできるだけとることは欠かせません。

僕が利用した工場ワークスジョブハウス工場は求人数や利用しやすさの点から特におすすめです。合わせて職場見学もすればかなりいい情報が集まり転職後の後悔を減らせるはずです。

絶対に失敗できない30代からの転職を、いい転職サイトを有効活用して成功させましょう。

時期が良ければ、入社祝金などのキャンペーンもやっていますよ!

\クロネのブログ講座副業講座で稼ぐ力を身につけよう!/

クロネのブログ講座 クロネの副業講座






2 件のコメント

  • はじめまして。
    僕自身、ムラキチさんと共通する部分があるなと思い、記事を読ませていただきました。
    今は福祉関係の仕事についていて、年収も350前後です。
    子どももいて、夫婦共働きしないと生活がやっていけません。
    家の周りはそれこそ工場勤務の方々ばかりで、収入もあり共働き世帯はいません。
    そういう面を妻に口々に言われたりして、喧嘩も絶えません。

    なんせ福祉関係の仕事しかやってこず、国家資格なども何個か持っていますが、
    福祉以外では何の役にも立ちません。
    福祉関係に転職したところで、収入は変わらないかちょこっと増える程度です。

    色々サイトを見ていても、業界未経験で採用してもらえる可能性がある職種では、
    製造職や福祉関係とありました。
    収入が少しでも上がるなら、製造職にチャレンジしたいなと考えていますが、
    なかなかあと1歩が踏み出せないでいます。
    本当にやっていけるのであろうか、30代で大丈夫であろうか、ずっと立ちっぱなしの
    仕事であると聞いていて果たして疲れずやっていけるだろうか、不安はめちゃくちゃあります。

    この記事を読ませてもらい、少し自信が持てそうな気がしています。
    色々転職サイトを見て吟味し、少しでもいい場所があるか探してみたいと思います。
    ありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。
      僕が製造業への転職をしたのがもうすぐ31歳になる時期でした。前職の年収も、まさにおとちさんと同じラインで、上がる見込みもなくお金のことで発生するストレスだらけでした…
      転職にあたり、考えていたことは「絶対に妥協しない」ということでした。工場は大手企業から離れるほど、コンプライアンスや待遇、職場環境が悪くなるケースが多いので、大手に近いところをダメ元で手当たり次第受けました。
      体力面、コミュニケーション面、積極性をアピールしました。仕事自体は体力的に疲れますが、収入面で前職よりも100万円ほどUPしましたし、ボーナスは倍増し、有給も使いやすいので転職したよかったと感じています。おとちさんが、いい転職をできるように願っています!頑張ってください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です