コーヒー

鴨江珈琲|確かなコーヒーとアーティストライブも楽しめる住宅街の隠れ家的カフェ

鴨江珈琲の店主




中区三組町にある、鴨江珈琲。

クリアな豆の味わいを演出するために、焙煎前と後の計2回ハンドソーティングを行い欠点豆を取り除くという、こだわりのコーヒーが味わえます。

落ち着いた音楽が流れる居心地のいい空間や、店主さんの誠実な人柄もあり、住宅地にありながら思わず足を運びたくなってしまう隠れ家的コーヒー店です。

鴨江珈琲の外観・内観

こちらが鴨江珈琲の外観です。

鴨江珈琲の外観

プレオープンを経て2017年元日にオープンしたお店です。

鴨江珈琲の内観

鴨江珈琲の内観

お店のデザインは、浜松市を拠点に活動されている有名な建築家・寺田隼(Atelier Ten Ten)さんによるもの。落ち着いた雰囲気を持つ店主さんに合わせたという、こだわりの詰まった空間が広がっています。

鴨江珈琲の内観

鴨江珈琲の内観

カウンター席を好んで利用する方も多く、店主さんの人柄ならではの光景が見られます。偶然の出会いの場として隣り合った人と会話ができる、そんな雰囲気も魅力の一つになっています。

鴨江珈琲のメニュー

鴨江珈琲で人気No.1は、鴨江ブレンド。エチオピア、ケニア、グァテマラの豆をブレンドしたコーヒーです。

鴨江珈琲のコーヒー豆

コーヒー店を始めるにあたり、大阪の有名な焙煎機メーカー・富士珈機や東京のカフェバッハの自家焙煎講座に何度も足を運んだ店主さん。様々な観点で検討した結果、カフェバッハと大和鉄工所が共同開発したMaister 5 という焙煎機を使って自家焙煎することに決めたそうです。

「量を出さなければいけない大手にはできない、個人店ならではの味の違いを楽しんでほしい」と、欠点豆を一つ一つ手作業で取り除くハンドソーティングを、焙煎前と後の計2回行っています。素人目でも分かるほど、コーヒーごとのクリアで繊細な味の違いを楽しむことができます。

鴨江珈琲のコーヒー

鴨江珈琲のコーヒー

この日は、ランチでチキンカレーも頂きました。化学調味料は一切使っていないこだわりで味も抜群。あっという間にペロリと平らげてしまいます。

鴨江珈琲のチキンカレー

ガトーショコラも小麦粉を使わないで作る自家製のもの。濃厚な味わいで思わずまた食べたくなってしまう美味しさです。

鴨江珈琲のガトーショコラ

鴨江珈琲の店主さん

店主の新谷さんは大阪生まれの奈良育ち。

鴨江珈琲の店主

鴨江珈琲の店主

元々は楽器メーカーのローランドで働いていたこともあり、就職で浜松に移住。1993年から勤めたローランドを2015年で退職し、第2の人生としてコーヒーの道を選んだそうです。

やると決めてからは、コーヒー界のレジェンドと呼ばれる"カフェ・バッハの店主・田口譲"さんに焙煎をならうなど、コーヒーへのこだわりと、確かな腕を持つ店主さんです。

鴨江珈琲の店主

鴨江珈琲の店主

アーティストに近いところで作業したいという想いから鴨江アートセンターに近いこの場所を選んだそうです。鴨江珈琲自体も地域のコミュニティスペースとして、近隣のアーティストやお店とコラボしたライブイベントも、月に数回開催されています。

鴨江珈琲の店主

鴨江珈琲の店主

ブラジル音楽が好きで、自身もサンバチームに所属しているということで、この日はカバキーニョという楽器の軽快な演奏を見せてくださいました。

コーヒーはコミュニケーションツール。そんな店主さんの想いがまさにつまっているお店。お客さんたちの笑顔や会話もとても印象的でした。

鴨江珈琲の詳細

住所 静岡県浜松市中区三組町139−8
電話番号 053-571-2759
営業時間 10:00〜18:00
定休日 月曜日
座席数 11席
駐車場 あり(5台)
備考 PayPay利用可、豆販売あり、ドリップパック販売あり、コーヒーテイクアウトOK、禁煙
公式ホームページ 鴨江珈琲

こちらの記事もおすすめ▼

浜松市のコーヒーショップまとめ
浜松のおすすめコーヒーショップ15選!雰囲気のいいカフェからこだわりの焙煎豆まで

浜松にはコーヒー豆の産地から焙煎、抽出までこだわりがたっぷりとつまった個性豊かなコーヒーショップがたくさんあります。 コーヒー好きはもちろん、雰囲気のいいカフェでゆっくりと過ごしたい方まで、一度は行っ ...

続きを見る



  • この記事を書いた人
むらきち

むらきち

ココハマ編集長。浜松出身。'84年生まれ。浜松餃子で育った生粋のギョウザメン。キャンプとBBQに憧れて、最近アウトドアYouTubeチャンネル始めました。

-コーヒー
-

© 2020 COCOHAMA