B級グルメ

【甘々娘】浜松で買える場所をまとめてみました!

甘々娘




夏場ともなればTVやメディアでひっきりなしに紹介される、森町の人気とうもろこし「甘々娘」。

糖度が高く、甘くて美味しいのが最大の特徴です。しかし浜松市民にとっては、森町まで行って朝早くから並ぶのは大変…そこで今回は、浜松で買える甘々娘が売っているお店をまとめました。

甘々娘とは?

甘々娘

遠州森町の夏のこの時期にだけしか採れない、段違いの「甘さ」が特徴のとうもろこしのことです。

18~20度もある糖度が自慢で、粒皮が薄く生でも食べられます。

5月末日~6月の下旬までしか採ることができないため希少価値が高く、森町の直売所では朝早くから並んで買いに来る人たちも多くいます。

甘々娘を取り扱っている浜松のお店

甘々娘を浜松で買える場所

ココハマが調べた、甘々娘を取り扱っている浜松のお店を一挙ご紹介します。

販売状況や価格は時期や店舗によって変わるため、直接販売店にご確認ください。

肴町「メルカート馬淵」

メルカート馬淵は浜松駅から歩いて約10分のところにある、酒類・食品を扱っているお店です。

B品の甘々娘を取り扱っていますが、中身は同じで甘さは変わらずとても美味しいですよ。

毎日14時頃に並ぶそうなのでチェックしてみてくださいね。

住所 〒430-0932 静岡県浜松市中区肴町317-17【MAP
電話番号 053-456-6999
営業時間 [月~木]11:00~23:00、[金・土]11:00~0:00、[日]11:00~22:00
定休日 無休(不定休)

ザザシティ中央館「シャンボール」

ザザシティ中央館の一階にあるシャンボールでは、店頭に少しだけ甘々娘を揃えています。

見つけたらラッキーですよ。

住所 〒430-0933 静岡県浜松市中区鍛冶町15【MAP
電話番号 053-413-3333
営業時間 11:00~20:00
定休日 無休(不定休)

砂山町「農家バルつなぐ」

農家バルつなぐでは、森町の田中農園さんの甘々娘を取り扱っています。

前日予約はできませんが、当日11:00~お電話でのお取り置きも可能だそうですよ!

住所 静岡県浜松市中区砂山町6-1 メイワン エキマチイースト 【MAP
電話番号 053-457-4867
営業時間 9:00~22:00
定休日 無休(不定休)

砂山町「ビオ・あつみエピスリー浜松」

ビオ・あつみエピスリーさんでは公式ブログで甘々娘の入荷についてお知らせしてくれます。

ビオ・あつみエピスリー公式サイト・ブログ➡http://www.bioatsumi.com/

そして6月21日(日)以降の入荷も中止となるそうです。

住所 〒430-0926 静岡県浜松市中区砂山町1168番地【MAP
電話番号 053-456-5550
営業時間 9:30~21:00
定休日 無休(不定休)

相生「生鮮市場ビアンカン」

新鮮な食材を豊富に取り揃えている生鮮市場ビアンカン。

磐田のシュシュファームで育てられた甘々娘を入荷しています。

数量限定ですのでお早めに。

住所 〒430-0805 静岡県浜松市中区相生町7-32【MAP
電話番号 053-468‐5113
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日

丸塚「ヤタローアウトレットストア」

平日も人気なヤタローアウトレットストア。連日行列ができるお店なので早めの来店をおすすめします。

甘々娘はお得なB品もあり、パンと一緒に買う方も多いので、売り切れてしまう前にチェックですね。

住所 静岡県浜松市東区丸塚町169【MAP
電話番号 053-463-8577
営業時間 9:30~18:00
定休日 不定休

甘々娘をおいしく食べるには?

鮮度の見分け方

採れたての皮付きのものがやはりベストです。皮の緑色が鮮やかで、粒がすき間なくそろっており、粒を押すと少し凹む位の堅さのものが新鮮な証拠です。

ひげが褐色か黒褐色なら熟した状態です。

保存方法

トウモロコシは、毛の部分を上にして立てた状態で冷蔵庫に保存しましょう。

他にも皮付きのままラップをし、ジップ袋に入れれば一か月は鮮度をキープできます。熟した後の粒はバラバラにして冷凍保存しておけば、色々な料理に使うことができます。

おいしい食べ方

[ゆでる場合]
水から入れて沸騰後5分ほど茹でます。塩はお好みですが、1リットルに対し約大さじ2杯です。

[レンジの場合]
薄皮を2~3枚つけたまま1本ずつラップを巻いて、4~5分ほどあたためます。食べるときに少しだけ塩をふると、トウモロコシの甘みがさらに引き立ちますよ。

[焼く場合]
皮つきのまま網にのせ、皮が黒く焦げたら食べごろです。醤油をちょっぴり垂らしても美味しいですよ。

トウモロコシは品質の劣化がとても早いので、購入したらなるべく早く食べましょう。時間単位で甘味がどんどん抜けてしまいます。基本は購入したその日に食べるのがベストです。

まとめ

甘々娘は5月末日~6月の下旬までしか食べられません。

特に今年は収穫が少なく、梅雨入りにより日照時間が少なくなったことで手に入りにくくなっています。

見つけたらとてもラッキーですよ。

ぜひ浜松のいろいろなお店で手に入れて、この時期しか味わえない甘々娘を堪能してくださいね。

三方原ポテトチップス
高級じゃが芋のご当地ポテチ「三方原ポテトチップス」が絶品だった!

毎年、6月頃になると何かとSNSで話題になる、三方原ポテトチップス。 三方原台地でつくるじゃがいもを使ったご当地チップスとくれば、浜松市民なら一度は食べてみないといけません! この記事では、三方原ポテ ...

続きを見る

ジューシーくんハンバーグ
すぎもとミート販売|噂のジューシーくんハンバーグを購入してみた!

浜松市南区にある食肉加工食品の「すぎもとミート販売」。 なんでも噂では"浜松市民がみんな知っているあのハンバーグ専門店"の味と遜色ない本格ハンバーグを家庭でも楽しめるとか?! 今回は購入から家での実食 ...

続きを見る



  • この記事を書いた人
ちさ

ちさ

浜松出身の地域・育児・ファッションライター。 3児のママ。 個人ブログ「まませるふ」も運営しており、日々育児と在宅ワークに奮闘中! 好きなことはパン屋めぐり。 浜松の美味しいもの、楽しい場所をハックします。

-B級グルメ

© 2020 COCOHAMA