冬の夜のnicoe(ニコエ)はイルミネーションと音の演出でムード抜群!

ABOUTこの記事をかいた人

MURAKICHI

月間29万PVの浜松の地域ブログ「MURAKIDS」管理人。30代。静岡県浜松市在住。1児の父。浜松のグルメ、観光、ショッピング、イベント情報から生活を豊かにする節約術まで、子供と楽しく過ごすためのちょっとお得な情報を日々発信しています。




ニコエ、nicoe、イルミネーション

うなぎパイでおなじみの春華堂が作ったスイーツコミュニティ「nicoe(ニコエ)」。

スイーツコミュニティというだけあって、スイーツが好きな方なら一日楽しめる夢のような観光スポットです。

昼間は子供連れのお母さんも多く、賑わいを見せていますが、夜のnicoe(ニコエ)もすごいんです。

しかもnicoe(ニコエ)は入場料も駐車料金も無料

夜の浜松のデートコースとしてnicoe(ニコエ)が一推しです!

nicoe(ニコエ)はスイーツ好きの夢の楽園。入場料・駐車料金も全部無料!

2018.01.01

スポンサーリンク

浜松市浜北区にある「nicoe(ニコエ)」は昼間と夜でムードが一変する!

昼間のnicoe(ニコエ)は子供からお年寄りまで楽しめるスイーツのテーマパークなんですが、夜になるとムードが一変するんです。

こちらはnicoe(ニコエ)の入り口。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

イルミネーションの中を進んでいきます。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

nicoe(ニコエ)は夕方を境に、照明がトーンダウンし、落ち着いた雰囲気になっています。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

こちらは受付。入場料は無料なので特に入場手続きはなく、そのまま入ることができます。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

閉店間際のようですが、この照明の暗さでまだ18:00です。これは演出なんです。

夜のnicoe(ニコエ)の館内はトーンダウンした照明と落ち着いたミュージックでデートに最適

こちらは施設内。この照明の演出と、館内にかかるミュージックが雰囲気を高めてくれています。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

イートインスペースの雰囲気はこちら。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

五穀屋というお店の中も夜はこんな感じに。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

館内の中央にある、庭園スペースも夜はおしゃれな空間に。。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

天井がない、開放感のある空間がまた違ったムードを演出します。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

こちらはconeriというお店の前にあるインスタ映え抜群のイートインスペース。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

coneriでは、スティック状のパイをディップにつけて食べられるんですが、ここで撮影するとこんなにインスタ映えする写真が撮れます。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

こちらのお店の嬉しいところは、インスタ映えするアイテムが無料で置いてあるところ。

ニコエ、nicoe、イルミネーションニコエ、nicoe、イルミネーション

こういのがあると嬉しいですよね。恋人と来てもいいし、友達と来ても楽しめそうです。

nicoe(ニコエ)のビュッフェレストランでディナーもおすすめ!雰囲気がさらに高まる・・・

こちらは、nicoe(ニコエ)の中にある「the COURTYARD KITCHEN」というビュッフェレストラン。

ニコエ、ビュッフェ

店内に入るとさらに雰囲気がUP。冬はイルミネーションを横目に料理を楽しむことができます。

ニコエ、ビュッフェ

女性が喜ぶおしゃれな料理とスイーツでムードが一段と高まるはず。

ニコエ、ビュッフェニコエ、ビュッフェ

こちらのお店のディナーについては、「the COURTYARD KITCHEN」の記事で紹介しています。

nicoe(ニコエ)のバイキング「COURTYARD KITCHEN」のディナーは夢の時間!

2017.12.31

 

冬の夜のnicoe(ニコエ)の外にはイルミネーションが広がる!ムードは最高潮・・・

冬の夜のnicoe(ニコエ)は、一歩外に出るとイルミネーションの演出が。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

昼間は子供たちの遊具として賑わう「くるりの森」もこんなにムーディーに。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

外はまた違った音楽が掛かっているので、空気感がガラッと変わるはず。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

ロウソクのオブジェ。

ニコエ、nicoe、イルミネーション

イルミネーションの演出は2017年11月18日〜2018年2月28日まで開催しています。]

nicoe(ニコエ)の営業時間あれこれ

nicoe(ニコエ)

住所:静岡県浜松市浜北区染地台6丁目7-11
TEL:053-586-4567(受付時間 9:00-17:00)
営業時間:9:30~21:30
※金・土曜は〜22:00まで
※GW・夏期・年末年始は毎日22:00まで
定休日:無休(※詳細カレンダーはnicoeのHPでご確認ください)
入場料:無料
駐車場:有(無料)
施設のHP:nicoe(ニコエ)

nicoe(ニコエ)へのアクセス

<車経由>
新東名高速道路「浜松浜北IC」下車→国道152号線を浜松方面へ約10km(約20分)
東名高速道路「浜松西IC」下車→県道65号線を浜北方面へ約10km(約20分)

<電車・バス経由>
遠州鉄道「新浜松駅」 → 「浜北駅」 → 浜松バス 「ニコエ(nicoe)」下車 徒歩1分
「浜松駅」 →  遠鉄バスバスターミナル 13番乗り場 萩丘・都田・きらりタウン(染地台)方面「染地台3丁目」下車(徒歩20分)

まとめ

nicoe(ニコエ)は昼間の賑わった楽しさも良いですが、夜のムードある雰囲気も最高です。

照明やイルミネーション、館内ミュージックによる空間演出は、恋人とのデートを一層盛り上げてくれるのではないでしょうか。

恋人との浜松観光の際には、夜のnicoe(ニコエ)が一推しですよ!

お出かけが楽しくなるおすすめアプリ

aumo(アウモ)は全国の各地の観光スポットやグルメの情報が詰まったお出かけ好きに役立つアプリです。毎日更新されているので、最新の情報が手に入ります。

「今人気の観光スポットやグルメが知りたい」「旅行先のシーズンに合った情報が知りたい」という方にオススメ。以下からダウンロードできます。利用は無料です。

aumo(アウモ)
aumo(アウモ)
開発元:GREE, Inc.
無料
posted withアプリーチ

▽こちらの記事もおすすめ

nicoe(ニコエ)はスイーツ好きの夢の楽園。入場料・駐車料金も全部無料!

2018.01.01

nicoe(ニコエ)のバイキング「COURTYARD KITCHEN」のディナーは夢の時間!

2017.12.31

nicoe(ニコエ)「かき氷甲子園」開催中!この夏大注目のイベントを最速レビュー!

2018.07.27

\クロネのブログ講座副業講座で稼ぐ力を身につけよう!/

クロネのブログ講座 クロネの副業講座






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です