地域ブログ論

地域ブログは初心者におすすめ!月間65万PVの地域ブロガーが語る地域ブログ運営のメリット・デメリット

更新日:

地域ブログ




月間最高65万PVの浜松の地域ブログ「MURAKIDS」を運営しているむらきち(@murakichi_y)です。

 

自分の住んでいる地域の身近な情報を発信する地域ブログ。

ネタに困ることがないため、とっても書きやすいですし、副業や趣味としてブログを運営するにも最適な題材だと思います。

 

しかし、簡単とはいえ、意外に奥が深く、書きやすいが上に迷走しやすいのも地域ブログです。

地域ブログとはどういうものか?
地域ブログを選ぶメリットやデメリットは?
どうすれば軌道に乗せることができるのか?

この記事では、地域ブログ初心者の方に向けて、地域ブログの基本から、メリット・デメリット、運営方法などを解説していきます。

地域ブログとは?

釣兵丸の外観

「ある一定の地域に絞り、その地域に関する情報を発信するブログ」、それが地域ブログです。

例えば、記事にする内容にはこんなものがあります。

  • 飲食店やレジャースポットなどのレビュー
  • 新しくオープンするお店やイベントなどの情報
  • 地元の名産品やご当地グルメなどの紹介

地域に関することならば、全てがネタになる・・・と言っても過言ではないため、その書きやすさから最近は地域ブログを選ぶ方も増えてきていますね。

仕事帰りにフラッと外食して記事にしたり、休日に子供とお出かけしたことを記事にしたりと、ライフスタイルに組み込みやすい特徴もあります。

自由度も高く、ゆくゆくは企業し、メディアとして純広告を取っていくことを狙う「メディア型」や、ひたすらアフィリエイト案件のあるところを攻める「アフィリエイト型」、個人を前面に押し出して、自分のビジネスや仕事の獲得に繋げる「個人ブランディング型」など、細かく分けると地域ブログにも様々な特色があり、自分に合った運営スタイルで自由に運営できることも強みですね。

地域ブログを選ぶメリット

地域ブログ

地域ブログを選ぶメリットはどんなものがあるか。さっそく解説していきます。

記事ネタに困らない

ブログ初心者が、必ず通る悩みは「記事ネタがない...」だと思います。

これを解決するのが、地域ブログだと感じています。

紹介したいお店やスポットに行くことだけで記事ネタが生まれます。

ブログ初心者がレベルを上げるためには「とにかく記事を書くこと」だと思うので、記事ネタに悩まず、記事を量産できる地域ブログは、とてもおすすめです。

ブログの基礎が身につく

ブログの基礎といえばこんな感じではないでしょうか。

  1. 商品を体験する
  2. 体験談をまとめる
  3. ブログとして発信する

これを地域ブログに置き換えると

  1. お店に行く
  2. 感想をまとめる
  3. ブログとして発信する

となります。

ブログ初心者にとって、あまり馴染みのない商品や、ましてやASPでアフィリエイト商品をセルフバックして、レビュー記事を書くのは、かなりハードルが高いことだと思います。

でも、普段から行っているような飲食店や身近な観光スポットなら、全くハードルを感じずに書けるはずです。

これを繰り返すことによって、ブログ初心者の方の基礎力は確実に向上します。

SEOの基礎の練習になる

ある程度慣れてきてから(クロネのブログ講座で有名なクロネさんの言う所の80記事)になると思いますが、SEOの精度を上げていくためには、分析が必ず必要になってきます。

クロネさんの「ブログ初心者が80記事までに知りたい「稼いでいる記事」の見つけ方」と言う記事の中で、こんな一文があります。

「検索流入キーワード」でライバル調査

上位10記事(自分の記事が含まれている場合はそれ以外)の1つ1つの記事=ライバル記事を調査します。

例えば、自分の記事にはなかった点が他の記事にあったり、ほとんど同じ構成だけど、具体例があって分かりやすいなど、ライバル記事と自分の記事を比較して、ライバル記事を乗り越えられるように加筆修正してます(パクリはダメです)。

(引用:ブログ初心者が80記事までに知りたい「稼いでいる記事」の見つけ方/クロネのブログ講座

ジャンルを絞った地域ブログを運営していると、この作業を繰り返してSEOの練習をすることが出来ます。

例えば、自分の例を挙げると、「浜松餃子」に特化してひたすら地域ブログ記事を書いていた際に、必ずライバル記事をリサーチする作業を繰り返すことにより、どのような見出しを網羅して書けばいいかが、どんどん洗練されていきました。

実際に、書いた後の検索順位も、どんどん上がるようになってきましたし、リサーチ・分析をして、リライトすると、順位が上がるケースも何度も体験しました。

ジャンルを絞る地域ブログでレビュー記事を書くからこそ、自然と反復作業が増え、効率的にSEOの基礎を学ぶことができます。

地域ブログ記事はライバルが少ないスモールワードの宝庫

地域ブログの場合、キーワードプランナーに狙うキーワードを入れてチェックすると、検索ボリュームが少ない場合がほとんどです。おそらく多くが10〜100や100〜1000でしょう。地域ワードで1000〜1万もあればかなり大きいワードです。

また、そのキーワードをGoogleに入れて、ライバル記事をチェックすると、見出しがない記事など、ライバルが弱いことが多くこれなら勝てそう!」と感じることも多々あります。

ブログ初心者でも、少し頑張れば検索1ページ目を取れるのが地域ブログの魅力だと感じています。

また、1ページ目に入っている記事が多くなると、テレビや雑誌などのメディアにお店が取り上げられた時にハネる可能性があるのも地域ブログの強みです。

テーマを絞った地域ブログ記事はまとめやすい

例えば、カフェやラーメンなど、テーマを絞って記事を書いていくことで、後々まとめ記事に再利用することができます。

▼実際に書いたまとめ記事はこちら

浜松のおすすめカフェ
浜松のおすすめカフェ16選!インスタ映え抜群のお店から隠れ家的なゆったりカフェまで厳選!

むらきち各カフェには、詳細を見られる記事のリンクも貼っています。気になるカフェはぜひチェックしてみてください♪ お知らせ こちらの記事はおすすめのお店を見つけ次第、随時更新していきます。 浜松市中区の ...

続きを見る

一度書いた記事をまとめ記事にすることで、より大きなボリュームのワードも狙うことができますし、様々な角度からの流入を増やすことができます。

まとめ記事が書けるようになる頃には、PVには困らなくなっているはずです。

自分の土俵で戦える

地域ブログのいいところは完全に自分の土俵の中で戦うことができることです。

例えば、ラーメンの記事。

ラーメンの記事を書いて1ページ目に上がれなかったとしても、もう一度同じ店に行って今度はつけ麺の記事を追記してみましょう。キーワードを分けて別記事で関連記事としてリンクできれば尚OKです。いずれ1ページ目に上がります。

地元民である以上、ネタの深さで負ける要素がありません。ニッチな情報を書けるメリットはとてつもなく大きいと思います。

ドメインが強くなる

「悩んで記事が書けない...」「ライティングが苦手...」というブログ初心者の方は多いですよね。でも、その時間ってもったいないんです。書かなければ、ライティング力も上がりませんし、ドメインパワーも上がりません。

悩むくらいなら、書きやすい地域ブログを書き溜めてみてください。気づいたらライティング力も上がり、ドメインパワーも強くなっています。その頃には、強くなったドメインパワーで他のジャンルもきっとチャレンジしやすくなっているはずです。

ただし、地域ブログにはデメリットも...

地域ブログ

では、次に地域ブログのデメリットにも目を向けていきましょう。

マネタイズが難しい

地域ブログのデメリットは、マネタイズ(収益化)が難しいに尽きます。収益に直結する記事が書きづらいため、初心者にはなかなかマネタイズが大変なジャンルだと思います。

そこでまず利用したいのがバリューコマースというASPです。(ASP=アフィリエイト広告を提供している会社)

バリューコマースには、地域の飲食店やレジャー施設などで使えるクーポンサイト「デイリーPlus」や、「asoview!」などのアクティビティ予約サイトなどが揃っています。

地域ブログとも相性がいいので、マネタイズを考えるならバリューコマースへの登録は必ず進めておきましょう!

また、もう一つのマネタイズ方法として、地域ブロガーには、地域メディアのライターの仕事を取りやすいというメリットがあります。

地域にもよりますが、多くの地域メディアでは、ライターは常に不足している状態です。実際に、自分も地域ブログに転向して2ヶ月で1記事1万円+交通費のライターの仕事(文字単価5円以上)をもらうことができました。

地域ブログとライター案件獲得の相性はかなりいいと言えます。ぜひ、地域のメディアのライター募集ページなどをチェックしてみてください。

SNSウケはイマイチ

もう一つデメリットとしては、SNSウケがイマイチ...と言う点があります。

最近では、Twitter上で頻繁にブログ論やhow to系の記事やツイートがアップされ、多くのシェアが生まれていますが、それらと比べると対象者のパイが小さい地方のニッチな情報はやはりウケが悪いです。

Twitter上での人気を取るよりも、パイは小さくても地道にコツコツと地域の方に向けた発信が大事になってきます。

地域ブログの型(パターン)別の運営方法

MURAKIDS

次に、もう少し踏み込んで地域ブログの型別の運営方法などを解説します。本来はもっと多くの型がありますが、ここで紹介するのは3つです。

1.メディア型

一番、地域ブログのイメージに近いのが、いわゆる「メディア型」だと思います。発信する内容としては、開店、閉店情報やイベント情報を軸に主にトレンド型の記事を扱い、ユーザーファーストの運営をしていく形になります。

メリットは・・・

  • 地域密着型で、混ざり気のない純地域ブログになるため、純広告が取りやすい
  • 行政の評価も得やすい(自治体による)
  • トレンドによる恩恵で瞬発的なPVを増やしやすい

デメリットは・・・

  • トレンド先行になるため、資産的なPVを構築しにくい
  • 営業も含めて作業量が多く、最終的にはライターの確保などが必要になる

メディア型は、純広告によるマネタイズとの相性がよく、地域ブログの弱点であるマネタイズしにくい点を補うことができるメリットがあります。

ただし、トレンド比率が高いため、作業量は多く、個人での運営はなかなか大変です。実際に資産記事との両立が難しい・・・という相談も何回か受けたこともあります。

個人的には、2ndブログぐらいで挑戦するのがおすすめなタイプかなと感じます。

2.アフィリエイト型

地域系ワードからアフィリエイト案件に繋げることをメインに記事を書いていくタイプです。駐車場予約や引っ越し査定など、地域系記事と相性のいいアフィリエイト案件を見つけて、いかにCV(成約)させられるかがポイントになってきます。

メリットは・・・

  • トレンドに左右されずマイペースに更新できる
  • 純広告営業をしなくても収益化をネットで完結できる

デメリットは・・・

  • ライティングやサイト設計の難易度が高い
  • 読者(ファン)がつきにくい

アフィリエイト記事がメインになることから、読者との距離感はやや遠くなり、ファンは作りにくくなります。

CVさせるためのライティングや、アフィリエイト案件につなげるサイト設計など、通常の地域ブログよりも難しさがありますが、その分、マイペースに更新しながら、ネット上だけで収益化が完結できるため、地味にひっそりとやりたい方におすすめです。

3.個人ブランディング型

「街の有名人」的なポジションを狙い、ビジネスや仕事の獲得に繋げるのが「個人ブランディング型」になります。例えば、ラーメンに特化することで「ラーメンの評論家」などのポジションを取ったりする例が挙げられます。

メリットは・・・

  • ブログ外でのビジネスに繋げやすい
  • 一人でも運営できる

デメリットは・・・

  • 個性作りや差別化が難しい
  • 有名人なりの身バレの大変さ、炎上リスクがある
  • 知識やスキル、自ビジネスなどがないと旨味がない

雑誌のコラム連載や、ライター、出版、ラジオ出演、テレビ出演、イベント開催、自ビジネスへの誘導など・・・ブログ外への展開に繋げやすく、一人でも運営しやすいのが特徴です。

ただし、個性や目立つことが先行して知識やスキルが未熟だと、炎上リスクなども抱えてしまう場合があるので注意が必要です。

むらきち
自分の目標や理想のライフスタイル、現実的にブログに掛けられる時間などを考慮して自分に合ったスタイルの地域ブログを見つけてみてください!

地域ブログ運営のコツは?

地域ブログに役立つ記事を以下に貼っておきます。興味があればぜひ参考にしてみてください。

まとめ

地域ブログは、自由度が高く、様々な成功パターンがあるのが魅力です。それゆえに迷走しやすいリスクもありますが、コツコツと記事を更新していけば、確実に自分のブログを前進させてくれるジャンルです。

地域ブログの成長の先には、地方活性化やまちづくりなど、大きなテーマが待っています。

収益化の問題など大変なこともありますが、やりがいは大きいジャンルなので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめのASP

ブログのテーマにお悩みの方へ

当ブログで使用しているテーマはアフィンガー です。アフィンガー へのテーマ移行ならてっぺさんの初期設定サポートがおすすめ。僕も利用させていただきました!⇨【購入特典付き】AFFINGER5 (アフィンガー5) の「稼ぐに特化」した機能を紹介|てっぺのマネーハック



-地域ブログ論

Copyright© MURAKIDS , 2019 All Rights Reserved.