雑記

ブログ初心者におすすめ!WordPressテーマはSTORK(ストーク)で決まり!




月間最高83万PVの地域ブログを運営しているむらきち(@murakichi_y)です。

ブログを始める前は、WordPressは触ったこともない初心者でした。

最初のテーマ選びだけでも、どれがいいのか決めきれず、何度も触ってはテーマを変えの繰り返し。かなりの時間を浪費しました。

散々探して、やっとたどり着いたのがSTORK(ストーク)というテーマでした。

STORK(ストーク)には本当に助けられました。最初にこのテーマを選ばなかったら、今のブログの成功はなかったと思います。

STORK(ストーク)のいいところは、あえて上級者向けには作っていないところ。ブログ初心者用に機能をシンプルに作ってあるので、スタートでつまずくリスクが限りなく低くなります。

現在は「STORK19」という後継テーマが出ているので、もし今から買うなら、そちらがおすすめです。

この記事では、ブログ立ち上げから1年半ストークを使った経験から、STORK(ストーク)を使うべき理由を丁寧に解説していきます。

▼STORKの後継機「STORK19」はこちら

WordPressテーマ「STORK19」の公式サイトをみてみる

ブログ初心者がSTORK(ストーク)を選ぶ理由

実は今僕は、STORK(ストーク)を卒業し、アフィンガーというテーマを使っています。

アフィンガーはSTORK(ストーク)よりも高機能で、確かに上級者には使いやすいです。色々なことができます。

しかし、STORK(ストーク)より遥かに設定や機能が複雑で、1年半使った今でも分からないことばかりです。正直、うまくデザインが反映できず、イライラを貯めることが多々あります笑

もし仮に、ブログを始めた当初にアフィンガーを選んでいたら・・・まず間違いなく難しすぎて挫折していた自信があります。

アフィンガーを含め、THE THOR、SWELL、コクーンと、様々なテーマを使ってきましたが、なんだかんだで一番簡単でデザイン的に優れていたのがSTORK(ストーク)。いい意味で初心者向けに作られていて、シンプル。

これがブログ初心者にSTORK(ストーク)をおすすめする理由です。

STORK(ストーク)をおすすめする5つのメリット

STORK(ストーク)のおすすめポイントをもう少し掘り下げて伝えていきたいと思います。

1.温かみのあるデザイン

ブロガーっぽさのある可愛らしいデザインは、STORK(ストーク)の特徴の一つです。

テーマをインストールした直後から、これに近いデザインが手に入ります。

デザインはテーマを決める要素の一つで、好みに合うかどうかになりますが、温かみがあるデザインが好きならSTORK(ストーク)がおすすめです。

個人的には、キャラクターアイコンなどを多用するブロガーっぽい運用スタイルと相性がいいデザインだと感じています。

2.難しいカスタマイズが要らない

これはSTORK(ストーク)に限らずですが、無料のテーマを使って躓く理由の一つは、カスタマイズです。

失敗すると画面が壊れ真っ白に。何度も経験したことがありますが、コードが分からない素人の自分には地獄でした。

STORK(ストーク)は、知識がなくてもワンタッチでデザインを簡単にカスタマイズ出来るようになっています。

操作画面が簡単で、いい意味でシンプル。記事一覧ページもワンクリックで簡単にデザイン変更できます。

1.マガジン型

記事を雑誌のようにランダムに配置する。PC、スマホ共に2列で表示。

STORK、ストーク

2.シンプル型

いたってシンプル。でもオシャレ。そんなシンプル型。僕はこれを使っていました。

STORK、ストーク

3.カード型

記事をカード風にし、整列させて表示するタイプ。ディスプレイサイズに応じて2列・3列(タブレット)・1列(スマートフォン)と変化する。

STORK、ストーク

4.ビッグ型

記事ページそのままでどーんとでっかく画像が表示されるビッグ型。続きを読むをクリックすると記事が見れる。

STORK、ストーク

記事一覧の変更は簡単です。

「外観」→「カスタマイズ」→「グローバル設定」→後は好きな「記事レイアウト」を選ぶだけ。

STORK、ストーク

トップページと、カテゴリーページなどのその他一覧ページと違うデザインにすることもできます。スマホとPCで別々のデザインを選択することもできます。

ボタン一つで出来るので、非常に簡単です。

3.公式サイトのサポートがある

メリット3つ目は、公式サイトの解説が充実している点です。

STORK(ストーク)の公式サイトの目次はこんな感じです。


公式サイトでは、カスタマイズ情報が追加でどんどん更新されていきます。

大体のことは、公式サイトに出ているので、困ったらここを見れば大丈夫です。

それでも、解決しなかったら、公式サイトから問い合わせが出来るようになっています。

一度、テーマの更新をした際にデザイン崩れが起きた際にも、問い合わせをしたら迅速に対応して頂きました。

4.ショートコードが充実

文字だけの記事だとやはり、なかなか読んで貰うことが出来ません。

STORK(ストーク)であれば、先ほどの公式ホームページに、コピペで使える「ショートコード(記事を装飾するもの)」が載っています。

例えばこんな吹き出しも簡単に作ることが出来ます。

こんな枠も簡単に作れます。

こんな風に補足説明を入れたり...

目立つ注意書きもできちゃいます!

ボタンだって簡単です。

他にも、関連記事を画像付きで紹介することも可能です。

STORK(ストーク)のショートコード一覧はこちら⇨ストーク:ショートコードの使い方

5.カスタマイズ情報がたくさん出ている

STORK(ストーク)はたくさんのブロガーの方が利用しているので、ネット上には、多くのカスタマイズ情報が出ています。

これはすごく大事なことで、テーマによっては、使う人が少なくてカスタマイズ記事も出てこないため、デザインをより良くしようと思っても出来ないことがあります。

カスタマイズは少し慣れてからおすすめしたいのですが、一応メリットの一つとして。

カスタマイズ記事でおすすめなのが、コビトブログさんのこちらの記事です。

「STORK(ストーク)」を、たった1時間で、おしゃれにカスタマイズ!

こちらの記事では、カスタマイズする前に用意しなければならない「子テーマ」の導入から、カラーやロゴの変更など、「STORK」をおしゃれにするカスタマイズ方法を、丁寧に紹介してくれています。

さらに、僕がもう一つ参考にしているサイトが、ぱる@ラスト女子大生さんのぱるくらというサイトです。

僕は、こちらの記事を参考にして、STORK(ストーク)をさらにおしゃれにしていきました。

STORK(ストーク)の吹き出しをカスタマイズする方法

コピペで簡単!STORK(ストーク)のフォントを変更

このように、STORK(ストーク)は、カスタマイズの参考になる記事が、ネット上でたくさん出ているので、とても助かりました。

カスタマイズ記事があることで、ブログのデザインをどんどんおしゃれに仕上げていくことが可能です。

STORK(ストーク)のデメリット

万能に見えるSTORK(ストーク)にもデメリットはあります。

ストークのデメリット

  • 有料である
  • 複数サイトには使えない
  • 他にも機能がいいテーマはある

ストーク19は11,000円(税込)ですが、これはブロガーが使う有料テーマの値段としては比較的安い部類です。アフィンガーやザ・トールはもう少し高いです。

複数サイトに使えないというデメリットがありますが、初心者ブロガーが複数ブログを運営することはまず無いですし、あってもあまり好ましくありません。個人的な経験として、一つのブログを大事に育てた方がよっぽど成功の可能性は高くなります。

他にも機能がいいテーマはたくさんありますが、総じて初心者には難しいのが難点です。その点、ブログ初心者が使うという点では、STORK(ストーク)は圧倒的に扱いやすい点が特徴です。

STORK(ストーク)を使った方の口コミ

STORK(ストーク)を使った方の口コミを集めてみました。


ストークのデザインの被りやすさは、カスタマイズで解決できるという口コミ。コピペでできるカスタマイズ情報が多く出ているストークならではの解決策ですね。


こちらは、僕のブログを見て、STORK(ストーク)の後継テーマ「WordPressテーマ「スワロー」」(9,900円)を購入した方の口コミですね。STORK(ストーク)よりも機能がシンプルになり、値段が安くなったマイナーチェンジVer.のテーマです。

今買うなら後継テーマの「STORK 19」がおすすめ

オープンケージ社からは、STORK(ストーク)の他にも、ハミングバードアルバトロススワローなどのテーマが販売されていますが、今購入するならSTORK19一択です。

ハミングバード、アルバトロスは古いテーマですし、スワローはストークの機能をシンプルにした廉価版です。

その点、STORK19は、ストークのデザイン性能はそのままに、機能や表示スピードをグレードアップしたパワーアップVer.

Gutenbergエディタにも対応しているので、今後長く使っていくことができます。もし、これまであげたメリット・デメリットを考慮してSTORK(ストーク)の使用を考えているなら、STORK19を選びましょう。

▼STORKの後継機「STORK19」はこちら

WordPressテーマ「STORK19」の公式サイトをみてみる

まとめ

WordPressの初心者の内は、多機能すぎずシンプルで扱いやすいテーマを選ぶのがおすすめです。もしSTORK(ストーク)のデザインが好みなら、ぜひSTORK19を使ってみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ▼

ブログ運営に役立つ本
ブログ運営におすすめの本10選!月間100万PV超えの地域ブロガーが厳選して紹介

浜松の地域ブロガー、むらきち(@murakichi_y)です。 月間100万PVを超えるまでの間に、ブログ、アフィリエイト、文章術、SNS運用、その他ブログ運営に関連する本を30冊近くは読んできました ...

続きを見る

初心者におすすめのASP



  • この記事を書いた人
むらきち

むらきち

ココハマ編集長。浜松出身。'84年生まれ。浜松餃子で育った生粋のギョウザメン。キャンプとBBQに憧れて、最近アウトドアYouTubeチャンネル始めました。

-雑記

© 2020 COCOHAMA