お土産

うなぎパイ(春華堂)

うなぎパイの外観




浜松が誇る超ロングセラーお土産「うなぎパイ」を紹介します。

誰もが一度は食べたことがあるであろう、うなぎパイ。昭和36年の誕生から今に至るまでずっと職人が手作りで作っています。

最近ではうなぎパイミニや、うなぎぱいV.S.O.Pなどのラインナップが登場していますが、今回は元祖とも言えるスタンダートなうなぎパイを紹介します。

うなぎパイのパッケージ

うなぎパイの外観

昔ながらのうなぎパイのパッケージです。浜名湖名産・夜のお菓子はお決まりのキャッチフレーズです。

箱の中身

うなぎパイの中身

内袋は透明になっていてうなぎパイが外からも見えるようになっています。人に渡す時などに中に割れてしまうことがあるので注意しましょう。

食べてみた感想

うなぎパイを食べてみた

うなぎのエキスとガーリックパウダーが隠し味のうなぎパイですが、やはりバターの風味が特徴的です。うなぎの味はしないので、うなぎが嫌いという方でも安心して召し上がれます。

隠し味のうなぎパウダーのおかげで、実は栄養価も高いお菓子なんです。

詳細

商品名 うなぎパイ
価格 891円+税
内容量 12本入り
賞味期限 60日
保存方法 高温多湿の場所、直射日光の場所を避けて常温で保存してください。開封後はお早めにお召し上がりください。
購入場所 春華堂各店舗
JR浜松駅 メイワンエキマチWEST

こちらの記事もおすすめ▼

浜松お土産まとめ
浜松のお土産20選!定番から人気のおすすめお土産まで厳選して紹介

浜松市には、浜松餃子や浜名湖うなぎ、三ヶ日みかんなど名産品やおいしいグルメをモチーフにしたお土産がいっぱい! もらって嬉しいデザインがかわいいお土産から、老舗銘菓の本格的なお菓子や定番の人気土産まで、 ...

続きを見る



  • この記事を書いた人
ヒビアツ

ヒビアツ

浜松在住の30代副業ブロガー。2017年から副業としてブログを開始。個人サイトのmaxは50万pv。浜松のローカルメディア「ココハマ」では、主にライターを担当。目標は「勤め人卒業」

-お土産

© 2020 COCOHAMA